トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

WindowsでのNTP設定、及び確認方法

Last-modified: 2013-08-24 (土) 02:14:21 (2216d)
Top / WindowsでのNTP設定、及び確認方法

WindowsでのNTP設定、及び確認方法

Windowsでの標準の時刻同期はSNTPで実行される。

SNTPではなく、NTPで時刻同期させたい場合は、以下の手順で設定する

まあ、うちではサーバ、クライアントともにLinuxだから、基本的には必要ないんだけどね~

WindowsでのNTP設定

1.スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」より「regedit」を実行する。

2.レジストリの以下のキーの設定内容に、指定したいNTPサーバを設定する。

■レジストリのキー:
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Parameters
■設定項目:
 NtpServer
■設定内容:
 [NTPサーバのホスト名orIPアドレス],0x1
■設定例
 192.168.1.1,0x1   (192.168.1.10:NTPサーバのIPアドレス)

以上で設定終了!

まあ、レジストリいじるのには若干抵抗があるが、設定自体は別に難しいことはない。

NTP設定の動作確認

NTP設定をしたら、やっぱり動作していることをちゃんと確認したいわけですよ。

こうやれば確認できます

1.「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」を開く

2.「Windows Time」サービスを再起動する(右クリックからできる)

3.再起動が完了したら、タスクバーの時計をダブルクリックし、「日付と時刻のプロパティ」ウィンドを開く

4.「インターネット時刻」タブを開く

5.すると、画面中央に、「時刻は正常に~~~と同期しました」というメッセージが表示される

TimeService.PNG

注意事項

ちなみに、この画面で設定変更を行うと、先にレジストリに設定した内容がクリアされ、Windowsのデフォルト値を設定されるので要注意!

NTPの時刻同期間隔の設定

Windowsデフォルトでは7日間に1回同期する設定となっています。

なんてゆーか、デフォルトだと同期し無すぎな値な気が・・・

というわけで、時刻同期の間隔も、上と同じく、レジストリから設定します。

■レジストリのキー:
 HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
■設定項目:
 SpecialPollInterval
■設定内容:
 時刻同期する間隔を秒で指定する。
 デフォルト値:604800(秒)=7日
■設定例
 3600(1時間おきに設定=60×60)

以上!

リンク