トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Linux:patchの作成方法

Last-modified: 2013-08-24 (土) 02:14:21 (2982d)
Top / Linux:patchの作成方法

Linux:patchの作成方法

このサイトは非常にわかりやすい!

まあ、こんな感じでやるみたい。

$ diff -Naur (修正前ファイル) (修正後ファイル) > (パッチファイル)

例えば、先の記事のRedmineの期日をデフォルト7日としたパッチはこんな感じで出力できる。

$ diff -Naur app/controllers/issues_controller.rb.org app/controllers/issues_controller.rb > /tmp/issus_due_date.patch
$ cat /tmp/issus_due_date.patch 
--- app/controllers/issues_controller.rb.org    2011-07-11 10:54:17.000000000 +0900
+++ app/controllers/issues_controller.rb        2011-07-11 10:54:53.000000000 +0900
@@ -292,6 +292,7 @@
       return false
     end
     @issue.start_date ||= Date.today
+    @issue.due_date ||= Date.today + 7
     if params[:issue].is_a?(Hash)
       @issue.safe_attributes = params[:issue]
       if User.current.allowed_to?(:add_issue_watchers, @project) && @issue.new_record?

へー便利。

これを適用する場合は、patchコマンドで適用するらしい。

$ patch -p0 < (パッチファイル)

なるほどー