0 && $edn < $lmax ) ? $edn: $lmax; $fmt = '%0'.strlen($edn).'d: '; for (; $stn<=$edn; $stn++ ) { $tstr = htmlspecialchars(mb_convert_encoding($lines[$stn-1],SOURCE_ENCODING,"auto")); $res .= ( $args[2] ? sprintf($fmt,$stn):'').refpre_replace_tab($tstr); } return '
'.$res.'
'; } ?> N900:Python:PySide:QML:サンプル2 - HiiHahWIKI - making some notes for... -
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

N900:Python:PySide:QML:サンプル2

Last-modified: 2013-08-24 (土) 02:14:21 (2982d)
Top / N900:Python:PySide:QML:サンプル2

N900:Python:PySide?:QML:サンプル2

以下のtutorialを元に作ってます。

doc.qt.nokia.com/4.7-snapshot/qml-tutorial2.html

左下の四角をクリックするとテキストの色が変わります。

tutorial1のファイルを編集しつつ作りました。

QMLとしては

  • base.qml
  • Cell.qml の2つに分かれます。

あと、実行用のpythonコードです。

コードスニペット

まず、QMLから。


filebase.qml

#refpre(base.qml,,1);

fileCell.qml

#refpre(Cell.qml,,1);



つぎに、QMLを実行するためのpythonのコードです。
fileqmltut2.py

#refpre(qmltut2.py,,1);

実行画面

こんな感じです。

まず、初期画面はこんな感じです。

Screenshot-20110623-085407.png

青の四角をクリックすると、中央の文字が青に変わります!

Screenshot-20110623-085413.png

同じく、赤の四角をクリックすると中央の文字が青に変わります!

Screenshot-20110623-085418.png

まあ、そんな感じです。

これがQMLだけで書けるってところがすごいんだろうなー