トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

MessagePackを試してみる

Last-modified: 2013-08-24 (土) 02:14:21 (2824d)
Top / MessagePackを試してみる

MessagePack?を試してみる

MessagePack?は高速でオブジェクトのSerialize、Desirializeをしてくれるライブラリーです。

Serializeしたオブジェクトを他言語間で受け渡しが可能っぽいです。結構便利そう。

というわけで試してみました。

http://msgpack.org/

MessagePack? java版のインストール、実行

基本的には、以下のページのQuickStart?を基にやってます。

mavenで動作環境を構築する手順が書いてありましたが、あえて全部手で準備します。

ライブラリのDL

以下のライブラリが必要となります。

MessagePack?は以下のライブラリに依存しているため、別途DL

  • apache commons (ログ出力関連で使用しているっぽいです)
  • log4j

DLが完了したら展開し、クラスパスに設定します。

サンプルの実行

QuickStart?ページのサンプルを作成し、実行します。

ちょっと変えて書いて実行してみました。

■MPTest.java

import org.msgpack.annotation.MessagePackMessage;

@MessagePackMessage // Annotation
public class MPTest {
        // public fields are serialized.
        public String str;
        public double num;
}

MessagePackTest?.java

import org.msgpack.MessagePack;

public class MessagePackTest {

    /**
     * @param args
     */
    public static void main(String[] args) {
        // TODO 自動生成されたメソッド・スタブ
        MPTest src = new MPTest();
        src.str = "msgpack";
        src.num = 0.5;

        // Serialize
        byte[] raw = MessagePack.pack(src);

        // Deserialize
        MPTest dst = MessagePack.unpack(raw, MPTest.class);

        System.out.println(dst.num);
        System.out.println(dst.str);
    }

}

■実行結果

0.5
msgpack

おお、できた!

MessagePack? java版のインストール、実行