トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

E71:appuifw.TextクラスorCanvasクラスを使った際のFont指定について

Last-modified: 2013-08-24 (土) 02:14:21 (2216d)
Top / E71:appuifw.TextクラスorCanvasクラスを使った際のFont指定について

E71:appuifw.TextクラスorCanvasクラスを使った際のFont指定について

appuifw.Textクラス、Canvasクラスを使った際のフォントの指定についてまとめます。

(一様ドキュメントは読んでますが、、、)

フォントを指定するために、それぞれのクラスは以下のような指定の仕方をします。

  • Textクラス
    Text.font変数に入れる。たとえば
    t = appuifw.Text()
    t.font = XXX
  • Canvasクラス
    Canvas.text()メソッドの引数に「font」を指定し、引き渡す。たとえば
    c = appuifw.Canvas()
    c.text((1,1),font=XXX)

ちなみに、Textクラス、Canvasクラスともに、同様の形式でfont指定が出来ます。(つまり上述のXXXは同じ方法で指定できます)

fontの指定について

textメソッドの引数「font」の指定の仕方は3種類あります。

  1. ユニコード文字列によるフォント名指定
  2. UI frameworkの定数値指定
  3. 要素が2個or3個のタプル

それぞれ、順を追って説明します。

ユニコード文字列によるフォント名指定

たとえば、

font=u'LatinBold19'

みたいに指定します。

UI frameworkの定数値指定

UI frameworkのUI fontのシンボルはいかのようなものがあります。

  • 'normal'
  • 'dense'
  • 'title'
  • 'symbol'
  • 'legend'
  • 'annotation'

たとえば、

font='title'

のように指定します。

要素が2個or3個のタプル

以下の順でタプルを作成し、font=()と指定します。

※絶対タプルじゃなきゃダメです。

  1. フォント名:ユニコード文字列
  2. フォントサイズ:整数
  3. スタイル:後述

3番目のスタイル指定は省略可能です。

3番目のスタイルは以下の内容を指定します。

  • FONT_BOLD ボールド
  • FONT_ITALIC イタリック
  • FONT_SUBSCRIPT 下付き
  • FONT_SUPERSCRIPT 上付き
  • FONT_ANTIALIAS アンチエイリアス(ジャギー( ピクセルのギザギザ)が目立たなくなる)
  • FONT_NO ANTIALIAS アンチエイリアスの強制停止

といいつつ、サンプルソースでは、appuifwの定数を使ってたりして笑

font=(u'Nokia Handi S60',48, appuifw.STYLE_BOLD)

ちなみに、appuifwには、指定できそうな定数(っぽいやつ)が下に示すくらいあります。

  • HIGHLIGHT_ROUNDED
  • HIGHLIGHT_SHADOW
  • HIGHLIGHT_STANDARD
  • STYLE_BOLD
  • STYLE_ITALIC
  • STYLE_STRIKETHROUGH
  • STYLE_UNDERLINE

※指定の仕方はimportの仕方しだいですが、appuifwをインポートした場合「appuifw.STYLE_BOLD」とします。

意味は、見ての通りです。

スタイルの複数指定について

スタイルは、「|」でつなげて複数指定できるみたいです。 たとえば、

FONT_BOLD|FONT_ITALIC

みたいな笑

外部サイトリンク

  • http://croozeus.com/blogs/?p=40
    ここの説明は非常にわかりやすいです。ってゆーか、ここ読めばこのページは必要なし?笑